FC2ブログ
萌えのわからないBL初心者のまるあが主に借りて、時に立ち読み、時に身銭を切ってさまよい歩く期間限定ブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
みにくいアヒルの子 (うえだ真由)
だいぶ前に勝ったまま放置して
ちょっと前にようやく読んだ本。

なんで買ったのかは忘れました(爆)


みにくいアヒルの子 (ディアプラス文庫)みにくいアヒルの子 (ディアプラス文庫)
(2004/04/10)
うえだ 真由

商品詳細を見る


おおう…っ!

最近は
タイムスリップして大航海時代へ! とか
冤罪を晴らすために刑務所へ潜入! とか
突拍子もない物語ばかり読んでいたので
この本のような

現代の高校生が、幼なじみに密かに思いをよせていて
その相手に彼女ができてどんどんカッコよくなるのをみて…


なんて物語はご無沙汰!
どう読んだらいいのかさっぱりわからぬ!

え~?
現代の高校生が、それも彼女ができた高校生が
いくらカワイイっていっても幼なじみの男に惚れるかな??


と「?」が浮かびまくり!
おいおい。このブログを始めた頃に戻ってるよ!!
なんて恐ろしい。

こんなにたくさん読んだのに
ちょっと離れただけで、もう心得を失ってしまったの?!
忘れっぽいにもほどがある!


ううむ。
BLはアリエナイ設定が多い理由がわかったような気がいたしました。
あり得ないからあり得ることになるのか。
吊り橋効果というのか?
極限状態だからこそ芽生える思いなのかもしれぬ。
それなら私にも理解できるのかもしれぬ。


と一人で合点して締めくくりたいと思います。
関連記事
別窓 | N:うえだ真由 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<この世異聞 1~4巻 (鈴木ツタ) | 初心者がBLの大海に漕ぎ出だす | 夢を見るヒマもない (山田ユギ)>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 初心者がBLの大海に漕ぎ出だす |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。