FC2ブログ
萌えのわからないBL初心者のまるあが主に借りて、時に立ち読み、時に身銭を切ってさまよい歩く期間限定ブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
FLESH&BLOOD 第12巻 (松岡なつき)
借り物 《師匠セレクト

この巻からイラストの描き手がかわりました。
今までのイラストも良かったですが
彩さんのイラストもステキです。
より絵画的でドラマチックな物語を盛り上げてくれます!
イラスト付きの登場人物紹介まであってサービス満点。


FLESH & BLOOD12 (キャラ文庫)FLESH & BLOOD12 (キャラ文庫)
(2009/03/12)
松岡 なつき

商品詳細を見る


いよいよ逃走劇。

ラウルの根性悪が露呈しまくり。
この人だけは何が起こっても好きになれないと思う…
口先で騙すだけでなく演技も組み込んでます!
脚本・演出・主演:ラウル・ナントカ・デ・ファルネーゼ
あれ? “トレド”はどこに入るんだ??
もーこの人の名前覚えらんない!

どうすんのかな? 悪事は露呈したけど
ビセンテの窮地でもあるし…

ビセンテの行動にはビックリしましたね!

カイトの行動にも驚きましたけど。
自分の価値をわかっているって言うかなんて言うか…
この人、女だったらとんだ悪女になってそうです(苦笑)

いや、それよりビセンテですよ。
なんという純情! なんという男気!!
ますます好きになりました。


が、ナイジェルのほうが好きなんです。
攻めています、ナイジェル! もう遠慮しません、ナイジェル!!
いいぞ、いけいけ!
最初から試合放棄するよりやっぱ戦ってほしいですよね。
そのほうが応援のし甲斐があります。

しかしカイトの気持ちは…決まっているようですけどね~。
でも気持ちは変わるものだし!
望みがないわけではない!! と信じる。

ちなみに私は
ナイジェル>>>ビセンテ>>和哉>>>>>>>>>ジェフリー
です(爆)
そして実はナイジェルよりもっとお気に入りのキャラがいます。

それがファン・グリフス
なんかねー、好きなんですよー。
職人に弱いワタシ。
それにひとりで過酷な環境でしたたかに生きているってのがスゴイ!
帰って来れるとイイね。
もちろんラウルにこれまでの恨みつらみを晴らした後で!

そして和哉
ついに法則を見つけた?!
つか、和哉がこっちにくるって発想はなかったわー。
あー、そのほうがアリちゃーアリなのかー。

けどそうするとカイトの病気はどうなるの?
まさかほんとに結核だとはねー。
エボリの姫の意地悪じゃなかったのか…。
じゃあさ、和哉、薬持ってきてよ! ←無茶を言うな(笑)

和哉がこっちに来たとしたらどんな展開になるのか?

またしてもビセンテが一番に見つけたりしてね。
そして和哉はスペイン側の予言者に…
それじゃ『ふしぎ遊戯』だっつの(苦笑)

あ、そうそう。
アロンソ・デ・レイバがビセンテと友人になりました!
親類にヤバイ人がいるから裏切るのかな? と思わせておいて
レイバ殿いいヤツ~!
この人も孤独な人なんですね。
それゆえにビセンテの清廉で潔白な感じに惹かれるらしい。

ビセンテのそういう部分に惹かれるってことは
レイバ殿にもそういう部分があるってことで…イイです!

ビセンテにはイマイチ友だちと言うか仲間が
不足していたと思うので嬉しいです!!

以下、完全に蛇足なので隠します。

なんかキャラの配置が『銀河英雄伝説』みたいなんだもん。

ある年代の人たちの課題図書と言ってもいいくらい有名な小説。
『F&B』が好きな方ならきっと楽しめること間違いなしの小説です。

『銀英伝』に置き換えると
ビセンテはヤン。だから従うのがレオという少年。
てことは同盟軍になるわけで
ワタシはヤン好きでバリバリの同盟派だったから
今のスペイン贔屓でビセンテ好きは必然だったのかもしれません。

対する帝国軍は
ラインハルトがジェフリーで(金髪だし)
その片腕がキルヒアイス的なナイジェル(赤毛じゃないけど)。
あー、だから7巻の襲撃でナイジェルの安否が心配になったのか。
ワタシはキルヒアイスが大好きでした!

ん? 好みの傾向が学生の時から変わっていないのか?!(衝撃)
関連記事
別窓 | N:松岡なつき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<拍手のお礼 | 初心者がBLの大海に漕ぎ出だす | 拍手のお礼>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 初心者がBLの大海に漕ぎ出だす |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。