FC2ブログ
萌えのわからないBL初心者のまるあが主に借りて、時に立ち読み、時に身銭を切ってさまよい歩く期間限定ブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ビター×スイート (遙々アルク)
借り物 《師匠セレクト

先日お会いしたときにお借りした1冊。

絵に抵抗がある人が多いらしく
意外に賛否両論あるっぽい。
むむむ。ちょっとクセのある画風なのだな?

師匠は「クリーニング屋の話で泣いた」らしい。
ふむ。それならストーリーマンガでシリアスか。

とりあえず読んでみました。


ビター×スイート (ビーボーイコミックス)ビター×スイート (ビーボーイコミックス)
(2007/11/10)
遙々 アルク

商品詳細を見る


率直な感想を申し上げますと…

こりゃ、ギャグ ですか?!

ってのが第一印象。
ああ~っ!
また師匠に「ヘンな読み方して!」と怒られる~(苦悩)
でもどうしても…ギャグに思えて仕方ないのです。

絵は割とシリアス。硬質な絵柄です。
なんつーか…クセがありますね。マンガっぽくない感じ。
文学的? いや、絵だから芸術的と言うべきか。
苦手と言われるのもわかります。

主人公は人付き合いの下手な寡黙な青年。
でも脳内では雄弁。背後を埋め尽くすくらいの勢いでいろいろ思考。
コーヒーと孤独を愛するひと。

その静謐な空間にズカズカと割り込んできたイケメン
主人公にはカッコよく見えるようですが私には愉快な人にしか見えない…
味覚障害のある彼、おいしそうに可愛くコーヒーを飲む主人公に一目惚れ。

一目惚れの事情が語られるのはかなり後半なので
最初は主人公とともに「なんじゃおぬし」って気分なんですよ。

だってさー、喫茶店で突然話しかけられるって怖くないですか?

その後も主人公の言い分を聞かず押せ押せで強引極まりない。
まぁ、主人公がしゃべらないのが悪いってのもありますけど(苦笑)
会話がモノローグで成立している摩訶不思議な構成。

それにこのイケメン、動作が変!

主人公の手をとって跪いて告白って…大仰すぎでしょう!
私はそのポーズを必死に笑いをこらえているのに
主人公はドスルー?!(驚愕)
確かに人馴れない主人公にとってはそれどころじゃない状況ではありますが
オカシイだろう?! 気づけ、主人公!!

それ以外にもちょいちょい大げさなセリフをかますイケメンに
横っ腹が痛くなるワタシ。
いやあ、キミをイケメンだと認識すれば名ゼリフのかもしれませんけど
私には愉快な人にしか見えないもので笑いが止まらない。

全体的にアンバランスなんだよな~。
それが作者の個性なのでしょう。
そこを受け入れられるかどうかがカギになっていそう。

私はシリアスな絵にヘンなポーズ
キャラも素っ頓狂で表情とセリフが一致していないようなテイスト
どっちに行こうとしているのかわからないストーリー

好きです
捉え方はギャグでしたけど。たぶんこれは作者の本意ではない…(苦笑)

師匠が泣いたという
クリーニング屋の話は全くテイストが違っていてメルヘン調。
こういうのも描けるのか!(驚)
これなら泣いたというのもわかる。
私は泣かなかったけど。←なにしろさんざん笑ったあとだから。

底の見えない漫画家さんだなぁと思いました。

ああ、東西線の駅名が登場人物の名前になっている短編が
切なかったです。
私はこっちの話のほうが泣きそうになった(ヘン?)。
別窓 | C:遙々アルク | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<恋などとうに成就してた (イシノアヤ) | 初心者がBLの大海に漕ぎ出だす | 拍手のお礼>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 初心者がBLの大海に漕ぎ出だす |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。