FC2ブログ
萌えのわからないBL初心者のまるあが主に借りて、時に立ち読み、時に身銭を切ってさまよい歩く期間限定ブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
FLESH&BLOOD 16巻 (松岡なつき)
借り物《師匠セレクト

これが現在の最新刊。
初めて追いついたよ、このシリーズの最新刊に!!

15巻はさっさと読んだのにタイムラグがあるのは
ほかに読まねばならない本があってそっちを優先していたのと
なんだかもったいなくて取っておいた、という意味不明な理由が。

だってさー、これ読み終わったらもう無いんだよ、続きが。
もったいないような気になるじゃないですか!


けどいつまでも放置できないので読みました。


FLESH & BLOOD 16 (キャラ文庫)FLESH & BLOOD 16 (キャラ文庫)
(2010/10/27)
松岡なつき

商品詳細を見る


わー! いろんなことが…っ!!

15巻はいろんなことがツラくて“我慢の巻”でしたが
16巻はちょっと前進して新たな展開への“準備の巻”ですね。
狙いを定めてギリギリまで弓を引いている状態とでも申しましょうか。

ええと、何から言及すればいいのかな。
順番に行こうか。うん。

ラウルは登場するたび嫌いになります。
この自分勝手なヘンタイさんにはついていけません。
この人にはヘンに丸くならないでこのまま突っ走ってもらいたいです。

ファンはとっととズラかればいいのに!
と思い続けていましたが、それができない理由がついに明らかに!
なるほど。義理堅く懐の深いファンらしい理由ですね。
リッツォーリの首尾を見守りましょう。
…たぶんラウルに感づかれて邪魔されるんだろうなー。

ところで私はヤンよりファンと呼びたいんですよね。
ビセンテはヴィンセントよりビセンテのほうがしっくりくるのに。
なんででしょうね? 単なる好みなのか??

ウォルシンガムのご子息トマスは…ダメ息子なんですね。
あんなに好き勝手しているウォルシンガムの思い通りにいかないのが
身内って皮肉に笑いました。
ダッセー(爆)

キット、イイヤツー。下心も透けて見えますが健気です。
そしてカッコイー。
ウォルシンガムを凹ませたよ!
ナイジェル、この人いいじゃん?!
これからはキットの恋路も応援したいと思います。

レイヴンは嫌いじゃないんですけど
やっぱり登場してほしくないキャラですね。
コイツのおかげでジェフリーがボロボロに…
それでも誇りを失わないジェフリーがカッコイイです。

心配なのがジェフリーの具合。
動けないのは体力と栄養の不足なのか
骨とか筋とか痛めちゃってるからなのか。
自由に動けない船乗り…それはイカーン!!

あ、私、何の疑問も持たず
当然この窮地を切り抜けると思っています。

だって、ナイジェルがそのために頑張っているんだよ!!
実際に動いたのはキットで、考えたはロバート・セシルですが。
でもナイジェルが助けようとしなければ
星室庁での再会はあり得なかったわけで…
ナイジェルの涙にもらい泣きしそうになりました。

さあさあ、反撃の開始ですよ!

それは、獰猛な笑みと共に宣言する。
きっぱりと、晴れやかに戦闘の開始を。


ですよ!!
うっきゃー! やっちゃってください!! キャプテンジェフリー!!

とテンション最高潮でページをめくれば…

邪・魔・を・す・る・な・友恵~~!!!

まー、これは友恵のせいじゃないんですけどね。
松岡さんのせい?(笑)
まぁ、そういや海斗のほうの問題もあったんだ。
クールダウンできましたから見事な構成です。

海斗は無事、退院しまして
ジェフリーの時代を研究している人と連絡をつけて
こっちの世界でのジェフリーたちの消息を得ようとしていたんですね。

それがPJ、じゃなかったJP
PJでは下着ですがな(笑)
このJP氏、おじいちゃんなんですが驚くべきことを仰るんですわ。

曰く
自分も向こうへ行った経験がある。
だからこの時代の資料を私財を投じて研究している。
調べた結果、ヘンリー・ナイジェル・グラハムは私の孫かもしれん。


?! ナイジェル、話の中心に急浮上!!

っていうか、ナイジェルって実在の人なの?!
どこまでを史実と捉えていいんですか?! 教えて松岡さんっ!!

だけど、肝心のジェフリーに関する情報が少ないんです。
誕生・結婚・死亡関係の情報を持っているのは教会。

ジェフリーは無神論者ですからねー。
誕生の記録はあっても結婚申請や埋葬記録はないんです。
寄付もしないし、むしろ罰金払っているような男ですよ(苦笑)

でも教会でなら得られる情報があるかもしれん!

というわけで教会へ突撃!
そこで得たのは…

スペイン内通の罪で投獄。1578年6月30日に獄死。

OH! NO!!
スペイン内通の罪とはウォルシンガムが仕掛けた罠と合致ですよ。
1578年6月30日って、いつ?!
海斗は「間に合う」って言っていますけど…

そのつぶやきを和哉に聞かれたからさあ大変!

あ、敢えて触れませんでしたけど海斗のそばにはずーっと和哉がいたんです。
ウザイくらいの勢いでべったりなんです。
JPのとこに行くために尽力&協力してくれたことはわかっていますが
この人の暗い執拗さを知ってしまうと気持ち悪くてしかたないです。
15巻を読んだ時点では「いっしょに戻ればいい」って思いましたけど
却下です!!
「いっしょに戻る」はありえません!


和哉の海斗に対する独占欲と支配欲は尋常じゃありません。
キモイです。
こんなのがあっちでジェフリーたちと仲良くできるとは考えられません。
うわー、絶対妨害されるよ。あー、やだやだ。

ジェフリーは反撃開始って感じでいいヒキでしたが
海斗は妨害開始って感じで暗雲立ち込めていますね。
それに体力も回復していないし…
次のトンネル出現がいつなのかわかりませんが
もう少し体力回復してからじゃないと戻っても足手まといになるだけだよね。
ついでに護身用に格闘技でも覚えてから戻ればいいんだ(そんな時間はないか)。

さてさて、私は能天気な思考を持っているので
当然、海斗も戻ってジェフリーも助かると思っています。
なにせトドス・サントス号の出現ですよ! 仕掛けはバッチリ。
細工は流流、あとは仕上げを御ろうじろ!
心配はしていません。

我ながらおめでたいなと思ったのが
埋葬記録がない」ってことが話題になったときに
ありゃ、ジェフリーったらこっちに来ちゃったのか! だから記録がないんだ。
と思いましたからね~。
どんだけ前向きなんだ、っつー話ですよ(笑)

で、続きはいつ発売??
 
関連記事
別窓 | N:松岡なつき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<札幌の休日 1巻 (桜木知沙子) | 初心者がBLの大海に漕ぎ出だす | BLink 創刊号(2011年3月号)>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 初心者がBLの大海に漕ぎ出だす |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。