FC2ブログ
萌えのわからないBL初心者のまるあが主に借りて、時に立ち読み、時に身銭を切ってさまよい歩く期間限定ブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
唇にキス 舌の上に愛 (高遠琉加)
借り物 《師匠セレクト》

『愛と混乱のレストラン』シリーズの3冊目です。
これで完結?
スピンオフな話もあるようですが
不器用なディレクト―ルとオレ様なシェフのお話は完結みたいです。

これまでの感想はこちら 1巻2巻


唇にキス 舌の上に愛―愛と混乱のレストラン〈3〉 (二見シャレード文庫 た 2-13)唇にキス 舌の上に愛―愛と混乱のレストラン〈3〉 (二見シャレード文庫 た 2-13)
(2009/04/23)
高遠 琉加

商品詳細を見る


ヤガミ? ゴルドじゃなくヤガミなの??

2巻を読んだのがだいぶ前だったので(なにせ1年以上前だ)
すっかりお話を忘れてしまったようです。
おもしろかった! って印象は残っているんですけどね~。

ヤガミを乗っ取る、そんな展開でしたっけ??

いやいや、大丈夫。
これまでは出していなかった情報だったようです。

似非紳士・はそのつもりで行動していて
その補佐にディレクトールを指名。
オレ様シェフの久我とも気まずくなっていることだし
とお店を放り出して叶の手先として昔取った杵柄な業務内容。

ううむ。この展開が意外におもしろくて!

専門用語がビシバシ出てきて
聞いたことあるけど意味はよくわからなかったって単語が
飛び交いワクワクする展開に。

同時にゴルドのほうでもビックリな展開があり
手を伸ばせばゴルドが手に入る…!

果たしてディレクト―ルはくだらないコダワリから解放されるのか?!

というのと
美女のサラと久我が…とか
予想通りだよ! 似非紳士はディレクト―ル狙いなんじゃん!! な展開があり
オレ様シェフとのアレコレの顛末も語られます。

似非紳士はホントーに似非でしたねー。

とか言うとまた怒られちゃうんでしょうか?
どうやら世間ではこの人、人気あるようなので…(ホント? 信じられない)
でもやっぱりコイツ苦手だな~。

透けて見えるんだよ、姑息さが!

なんで告白しちゃったのかね?
言わなきゃまだマシだったのに。
「久我はサラとフランスに行くらしいよ?」って
故意なのかどうか不明ですが
結果半端な情報流して諦めさせようとして! 裏目に出たけど。

だいたいなんでそんなプライベートなことまで知っているんだ?

最後だって「自分には権利ない」ってさっさと言えばいいのにモタモタして
土下座させて何が楽しいのか?!
振られた腹いせか。そうかそうか。じゃあしょうがないな。
なんて言わないからな!(怒)

それに比べるとサラは素敵だった

引き際もよく、無理強いもしない。
この人に惚れる久我は見る目があると思います。
…いろいろスゲーチャンスだったのに断るのもったいないよな~。

でも久我が好きなのは理人なのだ。

このひと、いつのまに「理人」って呼ぶようになったんですか?
前からでしたか? 覚えてない…
最初、違和感ありありでしたよ。すぐ慣れたけど。

確かオレ様設定だったはずなんですよね。
でも理人を前にすると「こんなんじゃない」部分が出てきて
そこがイイんです。

…そうか、
特定の人にだけ特別な反応をするってとこに“萌える”のかな?
ちょっと“萌え”がわかったかもしれません。


そしてディレクトール理人

お客としてお店に行って初めて味わうコース。
味オンチだった彼が美味しさに涙する場面は圧巻!

ゴルドで食べる久我の場面ではなんとも思わなかったのに
こちらの場面では「私も食べたい!」という欲求が高まりました。

そして追いかけてきてもらえてよかったね~。

やっぱこのスタッフ仲が良くっていいな~。
総出で久我を追い出すとこが素晴しかった!

ときおり混ざる桃瀬の視点がまたいいんだよね。
このひと素直だから。
ついに久我もスーシェフの名前を覚えたし(笑)
解散したらもったいない!

納得の大団円に大満足!!
関連記事
別窓 | N:高遠琉加 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<拍手のお礼 | 初心者がBLの大海に漕ぎ出だす | どーも読んでいるとBLくさい気がして仕方ないマンガ>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 初心者がBLの大海に漕ぎ出だす |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。