FC2ブログ
萌えのわからないBL初心者のまるあが主に借りて、時に立ち読み、時に身銭を切ってさまよい歩く期間限定ブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
それなりに真剣なんです。 上下巻 (麻生海)
借り物 《師匠セレクト》

最近「子どもが出てくる話が好きだ」と自覚したらしい師匠のオススメ作。
というわけで子どもが出てくる話です。
私も家族モノは大好きなのでさっそく読んでみました。


それなりに真剣なんです。 下 (花音コミックス Cita Citaシリーズ)それなりに真剣なんです。 下 (花音コミックス Cita Citaシリーズ)
(2010/05/29)
麻生 海

商品詳細を見る


ん、この絵に見覚えあり!
あれだ。
オレ様シェフとおどおどディレクトールの小説の挿絵の人だ。

それはさておき
ゆるいタイトルとは裏腹にシリアスなお話でした。
そしてどこかコミカル

それはヨッシーの存在が大きい、と私は思う。

実は最初、なんかヤだなーと思っていたんですよ。ヨッシーのこと。
人当たりはイイみたいだけど
八方美人ぽくて惚れっぽい雰囲気が苦手で。
でもそれには理由があり
そんなヨッシーだからこそ主人公が受け入れることができたのだ。

もちろんヨッシーも主人公を受け入れていますけど。

ヨッシーの何が凄いって
主人公の子どもごと受け入れちゃうところですよね。

子どもが我慢強く健気な点を差し引いても凄いと思うのだ。

この子が可愛くてね~。
聞き分けがイイのはもちろん
お父さんのこと大好きなんだけど遠慮しちゃうとこがまた…っ!
それにヨッシーに甘えてるってのがまた…っ
どうしてヨッシーに懐いたのか、その理由がまたいいんだわ。

責任感が強く真面目な主人公ゆえ
子どものことを筆頭に
何もかも背負い込んで「自分でなんとかせねば」と
頑張っちゃうことが多かったので
お気楽お節介なヨッシーと一緒なら少しは楽になれるのではないかな。
抱え込みすぎの主人公だから二人で分け合えばいいのだ。

しかし、別れた妻の考えが甘いのには辟易した。
再婚を機に置いてきた子どもと一緒に暮らそうってなんで考えたんだろ?
新しい夫にも連れ子がいるのに。
気がかりだったのはわかるけど自分勝手すぎないか?
連れ帰っても放置状態で可愛がっている様子が全くない。
夫の子どもばっかり構って…平等に接することができないなら引き取るな!

ま、そのおかげで絆が深まって踏ん切りもついたので
物語上、必要な展開ではあったわけですけど。
 
関連記事
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ロマンスの黙秘権 2・3巻+α (うえだ真由) | 初心者がBLの大海に漕ぎ出だす | つまらない男 (山本小鉄子)>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 初心者がBLの大海に漕ぎ出だす |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。